美容整形施術における注意点

美容整形外科の医師や看護師(美容整形外科により呼び名が変わる場合がある)によるカウンセリングを受け、施術費用にも納得したら、実施の運びとなります。メスを使わないレーザーや光治療では、以下のような注意点があります。施術後の症状の理解とそういった症状を出さないだめの注意点を知っておくことが重要となってきます。美容整形の医師などからも当日に説明は受けますが、前もって知っていることは安心感をもたらしてくれます。

施術当日は軽いシャワーをあびるくらいがベストです。なぜなら体が温まると赤みやかゆみなどの症状がでやすくなるからです。スポーツや飲酒といった血行が良くなる行為は治療を受けて1日後から可能となっています。かゆみがでることもありますが1、2週間で違和感を感じなくなります。

色素沈着が生じる場合がありますが、大概の人が2、3ヶ月で自然に落ち着きます。施術場所を擦ったり強い摩擦を加えると色素沈着の原因になります。色素沈着を起こさないために、治療後最低3ヶ月の間、日焼け対策を入念におこなうことが大切です。シミがあったところは一時的に逆に濃くなったりすることがあります。

敏感肌の人の場合、水ぶくれや火傷のような症状がでることがあるので、外科の方に連絡をし再受診することをおすすめします。他に、リスクとして、内出血や乾燥、表皮剥離などの症状がでる場合もあります。顔の施術の場合、額は火傷のリスクが他の部位より高い恐れがあるので、医師や看護師から十分に説明を聞いた上で治療をおこなってもらうことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です