二重にする美容整形について

女性の多くは、目をパッチリとした二重まぶたにしたいと考えているものです。そんな二重まぶたに手軽にできる美容整形として、埋没法があります。この美容整形は、医療用の糸で上まぶたを留めて二重にする方法です。極細の針を使用して、術前には点眼麻酔、局所麻酔を使用します。

そのため、痛みを感じることもなく二重にできます。また、術後の腫れも少ないので、施術後はすぐに日常生活に戻れます。この埋没法の施術方法は、まぶたの状態によって2種類に分かれます。まず、皮膚のたるみが少ない人に向いているのが瞼板法です。

これは、まぶたの皮膚と裏側の瞼板を糸で止めて二重にする方法です。そして、たるみが気になる人に向いているのが、挙筋法です。これは、まぶたの皮膚と裏側にある挙筋を糸で止める方法です。どちらの施術方法にするかは、医師ときちんと相談して決める事が大事です。

埋没法は糸を取り除けば簡単に元の状態に戻せるので、誰もが手軽に試すことができる美容整形です。しかし、施術の際には、事前に認識しておかなければいけないことも有ります。それは、施術で皮膚を留めた糸は、時間の経過とともに劣化していくことです。それと、まぶたの皮膚自体も年齢を重ねると次第に垂れ下がっていきます。

よって、埋没法で結んだ糸は、時間の経過で取れてしまうことが多いです。ずっと二重の状態を維持したい場合は、埋没法は適していないといえます。確実に二重にするには、切開法などの他の美容整形を考慮したほうが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です