美容整形でぱっちり二重まぶたになろう

一重や奥二重だと目が重い印象となるので、顔の印象までもが暗くなってしまいがちです。アイテープなどを使いメイクで二重まぶたを作る事もできますが、しょせんはメイク、洗顔してしまったら元の一重や奥二重に逆戻りしてしまいます。ずっと二重まぶたを維持したいのであれば、やはり美容整形が1番確実な手段と言えるでしょう。二重まぶたを形成する美容整形は、現在大きく分けて「埋没法」と「切開法」という、2種類の手術が行われています。

埋没法は糸で皮膚を固定して、二重のラインを作り出す美容整形です。メスを全く使わないという事もあり、プチ整形とも言われています。最初に二重のラインをデザインし、そのデザインに沿ってまぶたの皮膚を糸で固定していきます。皮膚を切らない施術ですので、腫れや痛みが少ない点が埋没法の特徴です。

手軽に受けられる埋没法ですが、まぶたの脂肪が厚いという場合、糸で固定する事が難しいケースもあります。このような場合は、切開法がお勧めです。切開法はまぶたの皮膚をメスで切って、人工的に二重のラインを形成します。皮膚を切る必要はありますが、まぶたが厚い方でもしっかりとした二重のライを作り出す事が可能です。

埋没法では時間の経過と共に、二重のラインが取れてしまうという場合も、皮膚自体にメスを入れる切開法が向いていると言えます。このように、二重まぶたを作る美容整形には、メスを使うもの使わないものと、2種類の施術があるので、自分に合った施術を選択しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です